警備バイトの基礎知識

警備員のバイトというと、ただ立っているだけとか、たまに誘導灯を振っているだけというイメージが一般的かもしれませんが、実際にはそれなりに体力や忍耐力が必要な仕事だと言われています。主な特徴としては、比較的給料が高いということと、人手不足のため未経験でも採用されやすいということ、そして勤務日を比較的自由に決められることなどのメリットがあります。ただし注意点としては、長時間立ちっ放しであることや、野外の勤務では暑さ寒さに耐えなければならないことなどが挙げられます。給料については、日勤で8,000~12,000円、そして夜勤の場合だと9,000~13,000円程度が相場だと言われています。さらに勤務地によって交通費が支給されるのが一般的です。

仕事内容としては、イベント会場等の警備や駐車場・道路工事等での交通誘導、そして商業施設・建物内での巡回や案内などがあります。応募資格は18歳以上という法的規定があり、応募する際は身分証明書・住民票・健康診断書などの提出が必要になります。女性でも応募可能で、フリーター・学生・主婦といった幅広い層において応募が可能です。そして採用された後は、5日間で30時間の研修を受けることが義務付けられており、ビデオを観たり講習を受ける必要がありますが、この研修期間も一定の給与が支払われることになっています。ちなみにこの研修は、合宿ではなく会社に通いながら行われるものです。こういった研修がしっかりしているという点も、未経験者には大きなメリットでしょう。
こういった時給の高さや未経験でも始めやすいという点から、特に若いフリーターなど体力に自信のある人に人気があるバイトとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です