交通整理が多い理由

警備のバイトをすると、ビルなどの管理やイベントの仕事は少なく、多くの場合は交通整理に回されます。交通整理をする場合には何かと大変な面もありますし、その割には時給が安いと感じた人も多いのが現状です。では、なぜ交通整理が多いのでしょうか。昔は交通整理を行っているガードマンの会社はあまりありませんでした。ところが、会社の仕事がそれでは少ないという理由で、ある会社の社長が業務の枠を広げるべく交通整理の仕事をするようになったのがきっかけです。その後も交通整理を業務にする会社が増えたため、現在では交通整理がメインの警備会社が多くなっています。

交通整理をする場合にどれくらいのお金がもらえるかと言えば、週6回程度は働いたとしても年収で200万円行くか行かないかです。これは、そもそもガードマンになるための資格がないという理由があります。ガードマンは年齢制限もありませんし、学歴も関係ありませんので誰でもなることが出来るわけですから、少なくとも競争倍率は高くなります。つまり、時給が安くても仕事をしたいという人が高齢者を中心に多いため、その中で高い時給をもらおうとするのはなかなか難しいことなのです。時給を上げるためには夜勤のバイトをするという方法があります。ただし、夜勤は時給は高いですが、定期的に仕事がないことが多く、その場合にはあまりお金を稼ぐことはできません。そこで、資格を取って時給を上げるという方法があります。資格は会社によって無料で試験を受けさせてくれるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です